.

ありふれた初心者用のFX取引の雑誌では、「差損が生じた場面ではナンピンすることで、ポジションの買い付けコストを小さくする」等と記述されていたりしますが、ナンピンには目に見えない隠れたリスクがある。女性ホルモン 増やす

まずはじめに、ナンピン買いのロジックについてとても簡単に説明しておこう。タント(TANTO)」の高額買取りのコツ

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。しろ彩はアトピーでも効くのか?

ドル買いなので、ドル高になれば利益が大きくなりますが、逆に1ドル=95円まで円高・ドル安に振れてしまったとします。バイオハザードファイナル ネタバレ

そのまま保持し続けたとしたら、損失が回復するまでには損失分、ドル高に向う必要があります。アクアデオ

誰もが、損失は早く取り戻したい考えます。

この状況を乗り切るため最初に売り買いしたのと同じ額の$(ドル)を、1ドル95円で買います。

それによって、ポジション全体の買い付け単価は97円50銭まで安くする事が出来ます。

結果として、2円50銭の幅でドル高に向えば、マイナスを回復する事ができます。

この流れがナンピンの理論です。

こういうふうに、ナンピンの理屈をみると、「その通り」という気分になるが、マーケットは易々と思った通りにはなりません。

初めから、1ドル=95円が底だということなど誰にも予想できません。

たとえば、マーケットがかなり強い円高ドル安傾向だったら、95円では下げ止まることなくさらに一層円高ドル安になる危険性は高くなります。

ひとつの例として、97円50銭でナンピン買いをしたにもかかわらず、95円まで円高に向ったらナンピンをしたポジションも赤字が生じることになってしまうのである。

それでは、初めに保有したポジションと合わさって二重の差損が生じます。

それゆえ、ナンピン買いはややこしいです。

であるなら、相場が自身の脚本とは反対にさっと進んだ場合、どういう方法でリスクを避ければいいのでしょうか。

選択する選択肢は限られています。

まずひとつめは覚悟を決めて損切りをする事です。

ふたつめは、現在、自分自身が保持している買いポジションを縮小することで、再度マーケットが回復するのを待つことだ。

ちょっと大人しい方法だとみる投資家もいるだろう。

けれども、自分の買いポジションに差損が生じた場合効果のあるやり方はそれ以外にはありません。

当然、机上では、ナンピン買いをしてみる考え方も有効です。

けれどもナンピン買いはあなたが損失を披っている場面にもかかわらず、ポジションを減少させるどころか反対にポジションを積み増していく考え方です。

この手法では、危険性を避けることなど、到底可能ではないと考えたほうがいいです。

ナンピン買いをし続けられればその内マイナスがプラスになるかもしれません。

だがしかし、それ以前に資金がマイナスになってしまいます。